新聞プリントサービス

shinbunprint-banner

内外総合通信社では、北は北海道、南は九州・沖縄まで全国のコンビニで地方新聞の販売システムをご提案しています。

24時間365日営業のコンビニで新聞社様には初期投資や運用コスト無しのノーリスクで販売が開始できます。

全国の地元出身者へのサービスとして、地元では不配地域対策として、またバックナンバー販売サービスとしても活用できます。

また災害時の緊急避難的な新聞発行・流通手段(印刷及び不配対策システム)としても注目されています。

紙面データを活用した販売システムのため印刷コストや流通コスト、在庫管理も必要ありません。新聞社様には1部売り上げるごとに販売手数料が支払われ、新たな販売収入が得られます

以下に簡単なシステム概要(導入メリット)を掲載しました。ぜひご検討ください。

printinfo
■安心の実績
2006年セブン-イレブンでサービス開始
現在は全国の約45,500店舗に

■内外総合通信社のコンビニプリントサービスについて
内外総合通信社では、2006年(平成18年)に全国のセブン-イレブン全店舗で弊社コンテンツのプリント販売を開始しました。間もなくサービス開始から10年を迎えます。
現在は、セブン-イレブン(約17,500店舗)のほか、ローソン(約11,600店舗)、ファミリーマート(約10,100店舗)、サークルKサンクス(約6,300店舗)でもコンテンツのプリントサービスを提供しています。
全国のコンビニ約45,500店舗で弊社のコンテンツがプリントできます。(2015年1月現在)
セブン-イレブン(約17,500店舗)でのプリントサービスは >>こちらから