宮崎・五ケ瀬の2神社で伝統の踊り

最新地方ニュース
2014/09/24-Wed

宮崎県五ケ瀬町の三ケ所(さんがしょ)神社と中登(ちゅうのぼり)神社で9月28日、「三ケ所神社例大祭・中登神社例祭(荒踊)」が行われる。

「荒踊(あらおどり)」は、同地区に400年以上前の天正年間から伝えられる勇壮な踊り。

踊り手は戦国時代の武者装束に身を包み、手には弓ややり、鉄砲などを持って当時の戦の陣立てを再現した踊りを披露する。

現在まで伝わっている踊りは全13種でいずれも30~40分あり、すべて踊るには5、6時間かかるという。

問い合わせは、NPO法人ごかせ観光協会(電話0982-82-1200)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。