静岡・浜松で豪華な行列再現する伝統行事

最新地方ニュース
2019/03/08-Fri

静岡県浜松市の都田川桜堤で4月6、7日に「姫様道中」が行われる。

江戸時代、東海道の難所を避ける脇街道として公家や大名の姫が好んで利用していたとされる「姫街道」で、当時の豪華絢爛(けんらん)な行列を再現する伝統行事。

行列は姫を中心に行列を先導する「露払侍(つゆはらいざむらい)」や姫の世話係の「腰元」、姫に傘を差し掛ける「大傘持奴(やっこ)」などからなる約90人の大所帯で街道を練り歩く。

腰元たちによる手踊りや奴衆による奴踊りも披露されるほか、ステージイベントや物産展なども同時開催される。

問い合わせは、浜松市姫様道中実行委員会(090-7681-5724)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。