山形・酒田で縄を数珠に見立てた恒例行事

最新地方ニュース
2019/02/07-Thu

山形県酒田市の貴船神社で3月6日、「でごぐり百万遍念仏」が行われる。

健康と豊作を願って行われる行事。「でごぐり」は方言で「たたきつける」「もみ合う」の意味を指す言葉。

地域の各家が長さ6尺の縄を持ち寄りつなぎ合わせて数珠に見立て、全員が輪になり「南無阿弥陀仏」を唱えながら輪を回していく。

最後には縄を床にたたき付けたりもみ合ったりして崩し、これを各家庭に持ち帰って入り口に掛けておくと厄除けになるといわれている。

問い合わせは、酒田市平田総合支所地域振興課(電話0234-52-3910)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。