滋賀・守山で巨大なたいまつ燃やす祭り

最新地方ニュース
2018/12/20-Thu

滋賀県守山市の勝部神社で1月12日、「勝部の火まつり」が行われる。

鎌倉時代、土御門(つちみかど)天皇が病気にかかったが、占いで元凶とされた大蛇を焼き払ったところ全快したことから始まったとされる祭り。

大蛇に見立てた長さ5~6㍍、重さ約400㌔もの大たいまつが境内に並べられ、一斉に点火されると瞬く間に十数㍍もの火柱が立ち上る。

ふんどし姿の若衆が「御悩平癒」を意味する「ごーよ」「ひょーよ」の掛け声とともに乱舞する様子から「近江の奇祭」とも呼ばれる。

問い合わせは、守山市観光物産協会(電話077-582-1266)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。