群馬・沼田で天狗面のほこり払う恒例行事

最新地方ニュース
2018/11/09-Fri

群馬県沼田市の迦葉山(かしょうざん)弥勒寺(みろくじ)で12月13日、「弥勒寺掃煤会(そうばいえ)」が行われる。

同寺は天狗(てんぐ)の寺として知られ、東京都の高尾山薬王院・京都府の鞍馬寺とともに「日本三大天狗」の一つに数えられる。

「掃煤会」は年末の恒例行事で、新年を迎えるに当たって僧侶らが大天狗面や拝殿に積もったほこりを払い、一年のあかを落として清めるもの。

読経後、先端にささの葉を付けた長さ約5㍍の竹を使い、掃除が行われる。

問い合わせは、沼田市観光協会(電話0278-25-8555)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。