静岡・伊東でおもしろおかしい尻相撲

最新地方ニュース
2018/10/31-Wed

静岡県伊東市の音無(おとなし)神社で11月10日、「尻つみ祭り」が行われる。

源頼朝が伊豆に流罪となった際、監視役であった伊東祐親(すけちか)の目を盗んで祐親の娘・八重姫と通じていたとされる同神社で行われる奇祭。

真っ暗闇の中で行われる神事で隣の人にお神酒を回す際に相手の尻をつねって合図していたことにちなみ、尻相撲大会が行われる。

直径1㍍ほどのタライを土俵とし、対戦する2人が尻を突き合わせて相手を土俵から落とそうとする。おもしろおかしい対戦の様子に、会場は笑いに包まれる。

問い合わせは、伊東観光協会(電話0557-37-6105)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。