山形・米沢で天井にもち突き上げる祭り

最新地方ニュース
2018/10/31-Wed

山形県米沢市の千眼寺保呂羽(ほろは)堂で12月4日、「保呂羽堂の年越祭」が行われる。

1641(寛永18)年、同地方に病害虫が発生した際、保呂羽堂の縁の下の砂をまいたところ退治できたことから、村人が感謝を込めて収穫した米でもちをついて供えたのが始まりとされる。

下帯姿の氏子らがもちつき歌を歌いながら細長い「千本きね」で天井に届くほどもちを高くつき上げる。天井のすすが付いたもちほどご利益があるとされ、力強くもちが突き上げられる様子は圧巻。

問い合わせは、千眼寺保呂羽堂(電話0238-37-3708)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。