和歌山・那智勝浦で平安時代しのぶ祭り

最新地方ニュース
2018/10/26-Fri

和歌山県那智(なち)勝浦町の熊野那智大社で11月14日、「紅葉(もみじ)祭」が行われる。

平安時代、那智山二の滝付近の山中で千日行をした花山法皇が紅葉の美しさを歌によみ、その短冊を小枝に結んで滝に流したという故事にちなんだ祭り。

冠に紅葉の飾りを付けた神職やみこらが平安装束に身を包み、色とりどりの短冊を滝に流す。

短冊流しの前には拝殿と滝前でみこが紅葉の枝を手にしながら神楽を披露する。

問い合わせは、熊野那智大社(電話0735-55-0321)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。