石川・能登でもちに難癖付ける新嘗祭

最新地方ニュース
2018/10/17-Wed

石川県能登町の菅原神社で11月7日、「いどり祭」が行われる。

同神社の新嘗祭(にいなめさい)で、6つの町内が交代で当番を務める祭り。

男子のみで作った直径1・2㍍の大鏡もちと小もち50~60個、とうしもち16枚を神前に供えて翌年の当番をもてなす。

この際、もてなされる側はもちについてさまざまな難癖を付け(=いどり)、当番は弁解をし、最終的に神主が仲裁に入って話を収めるという珍しい神事。ユーモラスな言い争いは毎年見物人の笑いを誘う。

問い合わせは、能登町ふるさと振興課(電話0768-62-8532)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。