富山・南砺で800㌔の撞木打ち付ける祭り

最新地方ニュース
2018/10/04-Thu

富山県南砺(なんと)市の利賀そばの郷広場で10月20、21日に「ど~んと利賀の山祭り」が行われる。

合掌造りの家屋の土台作り「石かち」を再現する祭り。

威勢の良い「石かち音頭」が流れる中、重さ約800㌔の撞木(しゅもく)を引き上げ、大きな石の上に打ち付ける。一般の人も参加することができ、石を突く重厚な音が辺りに響き渡る。

利賀そばやイワナの塩焼き、ジビエ料理などが提供される飲食コーナーが設けられるほか、郷土民謡の披露なども行われる。

問い合わせは、ど~んと利賀の山祭り実行委員会(電話0763-68-2111)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。