栃木・大田原で450年前から続く舞

最新地方ニュース
2018/09/13-Thu

栃木県大田原市の上石上(かみいしがみ)温泉神社で10月7日、「例大祭」が行われる。

同地区に450年以上前から伝わる「城鍬舞(しろくわまい)」が披露される。

1543(天文12)年、大田原城の竣工を祝う酒宴で、農民が酔いに乗じて鋤(すき)や鍬(くわ)を持ち即興の舞を踊ったのが始まりで、気に入った城主・大田原資清(すけきよ)が以降毎年城中に召して演じさせたとされる舞。

薄紅色のずきんをかぶった形振を先頭に横笛や鍬たたき、太鼓打ち、旗持ちらが調子を合わせて踊る様子は、城を築く人たちが働く光景を思わせる。

問い合わせは、大田原市観光協会(電話0287-54-1110)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。