鳥取で傘を手に4千人が踊る祭り

最新地方ニュース
2018/08/03-Fri

鳥取市の若桜街道・智頭(ちず)街道などで8月13~15日、「鳥取しゃんしゃん祭」が行われる。

神社の例祭と、同県に古くから伝わる「因幡(いなば)の傘踊り」を組み合わせて始まった祭り。「しゃんしゃん」の名称は、傘に取り付けられた鈴が鳴る音や、鳥取温泉の湯がわく音から付けられたとされている。

メーンは14日に行われる「一斉傘踊り」で、毎年約4千人もの踊り子がカラフルな傘を手に一斉に踊る。

期間中は屋台が多く出店しにぎわうほか、最終日には花火大会がフィナーレを飾る。

問い合わせは、鳥取しゃんしゃん祭振興会(電話0857-20-3210)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。