佐賀・唐津で秀吉起源の海中綱引き

最新地方ニュース
2018/07/27-Fri

佐賀県唐津市の波戸(はど)漁港で8月15日、「海中盆綱引き」が行われる。

豊臣秀吉が朝鮮出兵のために陣を置いた際、兵士の士気を高め戦没者を供養するため軍船のとも綱を使って行ったのが始まりとされる。

「ドンザ」と呼ばれる漁師の作業着姿の男衆が海に入り、直径約40㌢・長さ約35㍍の綱を抱くようにして引き合う。3本勝負で、2本先取した方が勝ちとなる。

大人の綱引きの前には子ども綱引きもあり、水しぶきを上げながら子どもたちが綱引きを楽しむ。

問い合わせは、波戸自治会(電話0955-82-1228)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。