青森・黒石で観客巻き込む盆踊り

最新地方ニュース
2018/07/25-Wed

青森県黒石市内で8月15~20日、「黒石よされ」が行われる。

山岳宗教が盛んだった500~600年前の、盆踊りの男女の恋の掛け合い唄(うた)が起源とされる。

「廻(まわ)り踊り」「組踊り」「流し踊り」の3つの踊りで構成され、流し踊りでは約2千人の踊り手が沿道を踊り歩く。「エッチャホー、エッチャホー」の掛け声とともに踊り連は時折円を描き、観客を巻き込んでの乱舞となる。

幕末のころの踊りは「つづみ、太鼓、三味線、その数を知らず」と書き残されており、昔から盛況だったことがうかがわれる。

問い合わせは、黒石観光協会(電話0172-52-3488)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。