京都でたいまつが夜空に弧を描く火祭り

最新地方ニュース
2018/07/23-Mon

京都市左京区花脊八桝(はなせやます)町の上桂川河川敷で8月15日、「花脊松上げ」が行われる。

同地域に古くから伝わる、精霊送りと火伏せ、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する火の祭典。

高さ約20㍍の丸太の先に逆円すい形のかさを取り付けた「トロギ」が河原に立てられ、火を付けた小さなたいまつ「上げ松」を投げつけて点火を競う。

弧を描きながら次々と投げ入れられる火が夜空に浮かび上がり、やがてトロギが真っ赤に燃え上がる光景は圧巻。

最初にトロギに入ったたいまつを投げた人は、1年間無病息災で過ごせるといわれている。

問い合わせは、左京区役所花脊出張所(電話075-746-0215)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。