埼玉・久喜で形代にけがれ託す神事

最新地方ニュース
2018/07/05-Thu

埼玉県久喜市の鷲宮(わしのみや)神社で7月31日、「鷲宮神社夏越(なこし)祭」が行われる。

年中の邪気災難疫病をはらう身体堅固の祭りで、古くは天武天皇のころから行われてきたと伝えられている。

茅(ち)の輪をくぐり、人の形をした紙「形代」に自分のけがれや悩みを託して川に流すことで、文字通り悪いことを「水に流す」儀式が行われる。

当日は国指定重要無形民俗文化財で関東神楽の源流といわれる「催馬楽(さいばら)神楽」も奉納され、神社周辺は厳かな雰囲気に包まれる。

問い合わせは、久喜市教育委員会文化財保護課(電話0480-22-5555)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。