北海道・網走で北方民族にちなんだ火祭り

最新地方ニュース
2018/06/27-Wed

北海道網走市の道の駅「流氷街道網走」特設会場で7月30日、「オロチョンの火祭り」が行われる。

先住民族の慰霊と豊穣(ほうじょう)を祈願して行われる行事。

日本では「オロチョン」とは北方民族を指す言葉として用いられてきたもので、その名残で祭りの名がついたとされている。

神と語り通じ合えるという司祭「シャーマン」がかがり火をたきながら祈りを捧げ、その周りを民族衣装を身にまとった人々が太鼓や「コロホル」という楽器に合わせて踊る。

問い合わせは、網走市観光協会(電話0152-44-5849)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。