栃木・益子で猛暑の中熱燗飲む儀式

最新地方ニュース
2018/06/20-Wed

栃木県益子(ましこ)町の鹿島神社などで7月23~25日、「益子祇園祭」が行われる。

今から約310年前に疫病が流行した際、天王信仰により祭りを行い、怨霊や疫病を鎮めたという故事に起因する祭り。

氏子地区5町会が毎年当番制で行い、神輿(みこし)の渡御などが行われる。

23日には手筒花火の打ち上げが行われ、勇壮な掛け声と共に高さ8㍍にもなる火柱が上がる様子は圧巻。

24日には当番の引き継ぎ儀式である「御神酒頂戴(ちょうだい)式」が行われ、羽織はかま姿の男衆が猛暑の中で大盃に注がれた3升6合5勺(約6・5㍑)の熱かんを飲み干す奇祭として知られている。

問い合わせは、益子町観光協会(電話0285-70-1120)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。