島根・隠岐で馬が参道駆け上がる神事

最新地方ニュース
2018/05/07-Mon

島根県隠岐の島町の玉若酢命(たまわかすみこと)神社で6月5日、「御霊会風流(ごれえふりゅう)」が行われる。

隠岐の三大祭の一つに数えられるもので、飛鳥・奈良時代に始まったとされる神事。

見どころは、8地区から集まった神馬(しんめ)が同神社鳥居前に集まり、太鼓を合図に細い参道を一気に駆け上がっていく「馬入れ神事」。

馬に従って一緒に走る若衆「馬付き」らが転倒することも多く、激しい神事に参拝客からは感嘆の声が上がる。

その後、田植え式や流鏑馬(やぶさめ)などが行われ神事は終了となる。

問い合わせは、隠岐の島町観光協会(電話08512-2-0787)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。