岩手・普代村で真っ赤な面着け神楽奉納

最新地方ニュース
2018/05/04-Fri

岩手県普代村(ふだいむら)の鵜鳥(うのとり)神社で5月22日、「鵜鳥神社例大祭」が行われる。

同地に伝わる義経北行伝説によると、源義経が7日7夜海上安全と武運長久を祈り、願いが聞き入れられたことに感謝して始まった祭り。

境内の神楽殿で伝統芸能「鵜鳥神楽」の各演目が奉納される。中でも「山の神」の演目では真っ赤な面を着けた山の神が力強く舞い踊り、見る人を圧倒する。

境内では草もちやお神酒などが販売されるほか、屋台が多く出店し祭りムードを盛り上げる。

問い合わせは、鵜鳥神社(電話0194-35-2339)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。