福岡・田川で神輿や山笠が川渡る神事

最新地方ニュース
2018/04/19-Thu

福岡県田川市の風治(ふうじ)八幡宮などで5月19、20日に「川渡り神幸祭(じんこうさい)」が行われる。

約450年の歴史を誇る、同県五大祭りの一つにも数えられる祭り。

永禄年間、同市に疫病が流行した際に同神社にその終息を祈願し、成就のお礼として奉納されたのが始まりとされる。

2基の神輿(みこし)と11台の山笠(やま)が水しぶきを上げながら豪快に彦山川を渡り、対岸のお旅所で1泊する。

山笠には稲穂をイメージしたカラフルなバレンが付けられており、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願っているとされている。

問い合わせは、田川市たがわ魅力向上課(電話0947-85-7147)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。