岐阜・大垣で東西の文化交渉うかがえる祭り

最新地方ニュース
2018/04/18-Wed

岐阜県大垣市の大垣八幡神社周辺で5月12、13日に「大垣まつり」が行われる。

1648(慶安元)年、同神社が再建整備された際に10両のやまを造って引き回したのが始まりとされる伝統の祭り。

大垣藩主下賜(かし)のやまと町衆のやまの計13基が町に繰り出し、行列をなして城下を巡行する。

やまの舞台上ではからくり人形や踊りが披露され、沿道は大勢の見物客でにぎわう。これらの出し物は中京圏と近畿圏の山車行事の影響が色濃く見られ、東西の祭礼文化の交渉がうかがわれる催しとなっている。

問い合わせは、大垣観光協会(電話0584-77-1535)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。