滋賀・守山でフナの塩漬け切り分ける神事

最新地方ニュース
2018/04/13-Fri

滋賀県守山市の下新川神社で5月5日、「すし切り祭り」が行われる。

同神社の祭神・豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)がこの地へ立ち寄った際、村人がフナの塩漬けを焼いて献上して喜ばれたという故事にちなんで行われる神事。

かみしも姿に脇差しを差した若者二人が包丁と長いはしを使い、フナには手を触れないよう慎重に切り分けていく。

介添え役の先輩がそばに付き、かいがいしく額の汗をふくなどしてサポートするユーモラスな姿に、観客からは笑いがこぼれる。

問い合わせは、守山市観光物産協会(電話077-582-1266)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。