静岡・焼津で農作業再現した舞披露する神事

最新地方ニュース
2018/02/21-Wed

静岡県焼津市の大井八幡宮で3月17日、「藤守の田遊び」が行われる。

今から千年以上前の寛和年間に、大井川の治水と一年の豊作を祈願して行われたのが起源とされる神事。

開墾から田植え、稲刈りまでの農作業の様子を表す25組の演目と番外の2演目で構成される演舞が奉納される。

同地区の氏子のうち未婚の青年が色鮮やかな衣装を身にまとい、薄化粧をし、「ショッコ」と呼ばれる紅白の万灯花を飾り付けた花冠をかぶって舞を披露する。

問い合わせは、焼津市歴史民俗資料館(電話054-629-6847)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。