奈良・吉野で神秘的な翁の舞披露

最新地方ニュース
2018/02/15-Thu

奈良県吉野町の浄見原(きよみはら)神社で3月1日、「国栖奏(くずそう)」が行われる。

応神天皇が吉野を訪れた際、同地の人々が一夜酒を作り歌い踊ったという故事にちなんだ伝統行事。

早朝から肉食を断ち身を清める「精進潔斎(けっさい)」を行った舞翁(おきな)や笛翁、鼓翁、歌翁などが舞殿に登場し、歌や楽器の演奏と舞を披露する。澄んだ空気の中に舞翁の振る鈴の音がこだまし、神秘的な雰囲気を醸し出す。

問い合わせは、吉野町観光案内所(電話0746-39-9237)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。