高知・仁淀川で200人の行列練り歩く祭り

最新地方ニュース
2018/01/19-Fri

高知県仁淀川町の秋葉神社などで2月11日、「秋葉まつり」が行われる。

火の神・火産霊命(ほぶすなのみこと)を祭る秋葉神社の祭りで、「土佐の三大祭り」の一つにも数えられる。

当日は約200人が行列をなして神様を神輿(みこし)に乗せ、岩屋神社から秋葉神社までの道のりを練り歩く。

行列の中にはひょっとこやおたふくの面を着けた「油売り」が面白おかしい動きをしながら防火のお守りを売り歩くほか、火消し装束の若者が長さ7㍍、重さ8㌔もの鳥毛棒を十数メートル先にいる相方に投げ渡す「鳥毛ひねり」などが行われ、見物客らを驚かせる。

問い合わせは、仁淀川町仁淀総合支所(電話0889-32-1113)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。