愛知・豊川で紅ガラ塗り付ける奇祭

最新地方ニュース
2017/11/28-Tue

愛知県豊川市の長松寺で12月17日、「どんき」が行われる。

火防大祭の中で行われる行事で、ユーモラスな奇祭。 

火防の祈祷(きとう)後、白いキツネや赤天狗(てんぐ)、青天狗にふんした若者たちが行列を作り町を練り歩く。

赤天狗はヤツデのうちわ、青天狗は撞木(しゅもく)、青天狗とキツネは木の棒「どんき」を持って子どもたちを追い回し、捕まえては紅ガラを体に塗り付ける。紅ガラを塗り付けられた人は無病息災で過ごせるとされており、見物客から笑い声や悲鳴が上がるにぎやかな行事となる。

問い合わせは、長松寺(電話0533-75-2475)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。