山口・下関で海中の岩にしめ縄掛ける神事

最新地方ニュース
2017/11/27-Mon

山口県下関市の壇之浦海岸で12月10日、「しめなわ祭」が行われる。

近くの立石稲荷の御神体とされ、海の中にある「烏帽子(えぼし)岩」にしめ縄を掛ける神事で、航海の安全と豊漁を祈願するもの。 

その昔、災害や疫病などが立て続けに起こった際、神のお告げに従い倒れていた烏帽子岩を起こしたところ災いがなくなったという故事に由来する行事。

赤間神宮の神職らが長さ約5㍍、重さ約20㌔のしめ縄を烏帽子岩に掛け、おはらいをしたり御神酒をまいたりして神事を執り行う。

問い合わせは、赤間神宮(電話083-231-4138)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。