京都・赤穂浪士ゆかりの地で法要会

最新地方ニュース
2017/11/07-Tue

京都市の法住寺で12月14日、「義士会法要」が行われる。

赤穂浪士らが吉良邸に討ち入りした12月14日に毎年行われている冬の風物詩。 

大石良雄がかあだ討ちを祈願した身代わり不動尊があり、赤穂四十七士の木像が安置されている同寺で法要が行われるほか、舞妓による献茶式や島原の太夫による太夫道中が行われる。

法要後は、義士会に際しての法話や、書院でのお茶席、境内で討ち入りそばの接待なども行われている。

問い合わせは、法住寺(電話075-561-4137)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。