富山・入善で大小のたいまつ行進する祭り

最新地方ニュース
2017/09/22-Fri

富山県入善(にゅうぜん)町の墓ノ木(はかのき)地区で10月14日、「墓ノ木タイマツ祭り」が行われる。

約250年前、同町を流れる黒部川の洪水により堤防が崩れた際、たいまつを燃やしながら夜通し修繕工事が行われたことに由来する祭り。 

大小50本ほどの竹を束ねて芯とし、周りにワラを当てて縄で巻いた高さ5㍍、直径1・2㍍、重さ200㌔にもなる大たいまつ2本を米つり唄に合わせて墓ノ木神明社から約800㍍離れた水神社まで運ぶ。

大たいまつの前には小たいまつを持った子どもらが先行し、神社に到着すると大たいまつと合わせて燃やされる。

問い合わせは、入善町観光物産協会(電話0765-72-0330)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。