埼玉・秩父で熊倉城主も見た獅子舞

最新地方ニュース
2017/09/13-Wed

埼玉県秩父市の熊野神社で10月14日、「下郷のささら獅子舞」が行われる。

同舞は神社の氏子らによって舞い継がれてきたもので、戦国時代に熊倉城主に召されて城中で舞を披露したことから「御殿ささら」とも呼ばれている。 

雄獅子、雌獅子、子獅子と笛方、歌方、花笠(がさ)などから構成され、三頭の獅子は「五つ紋」の紋付きばかまと白足袋で舞うのが特徴。

役に応じて地元の子どもらも参加し、境内前に設置した舞台で舞を奉納する。

問い合わせは、秩父市荒川総合支所(電話0494-54-2114)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。