熊本・荒尾でみやびさと力強さ伝える祭り

最新地方ニュース
2017/09/08-Fri

熊本県荒尾市の野原(のばら)八幡宮で10月15日、「野原八幡宮大祭(のばらさん)」が行われる。

760年以上の歴史を持つとされ、当日はひと足早い七五三を祝う着物姿の親子連れも大勢訪れる。 

和紙でできた獅子頭をかぶった二人の少年による伝統芸能「風流」と、「ヘーロイ、ハーロイ」という力強い掛け声とともに地域の家々を訪問して祝い歌をうたう「節頭(せっとう)」が披露される。

鎌倉時代、荘園だった同神社の周辺が武家方と宮方に分割統治された名残から、「風流」は宮方のみやびさを、「節頭」は武家方の力強さを伝えているといわれている。

問い合わせは、野原八幡宮(電話0968-62-1013)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。