山口・防府で相撲に似た所作の神事

最新地方ニュース
2017/09/01-Fri

山口県防府市の周防国一宮玉祖(すおうのくにいちのみやたまのおや)神社で9月23、24日に「例大祭」が行われる。

23日の夜、境内の石畳の上で行われる「占手(うらて)神事」が見もの。 

同神事は、日本武尊(やまとたけるのみこと)を父に持つとされる仲哀(ちゅうあい)天皇の熊襲(くまそ)征伐の際、戦勝を祈り軍の吉凶を占わせたことに始まるとされ、所作が相撲に似ていることから「占手相撲」ともいわれている。

裸に羽二重のふんどしを締めた行事所役2人が向き合い、決められた所作を数回行って最後にときの声を上げて終了する。

問い合わせは、周防国一宮玉祖神社(電話0835-21-3915)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。