千葉・南房総で食材を供養する儀式

最新地方ニュース
2017/04/27-Thu

 千葉県南房総市の高家(たかべ)神社で5月17日、「庖丁(ほうちょう)式」が行われる。

同神社は料理の神様を祭っており、料理人や関連業者などから信仰を集めている。  

庖丁式では、烏帽子(えぼし)と直垂(ひたたれ)を身にまとった料理人が包丁とはしだけを使い、食材に手を触れることなく真ダイやカツオ、コイなどをさばいていく。

古式にのっとった所作と包丁さばきで、普段食材となっている生き物たちの供養を行う。

問い合わせは、高家神社(電話0470-44-5625)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。