新潟・南魚沼で裸の男衆押し合う祭り

最新地方ニュース
2017/01/31-Tue

 新潟県南魚沼市の浦佐普光寺(うらさふこうじ)で3月3日、「越後浦佐毘沙門(びしゃもん)堂裸押合大祭」が行われる。

約1200年もの歴史を持ち、江戸時代の書籍「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」にもその様子が描かれている奇祭。  

上半身裸の男衆が掛け声とともに押し合い、一段高い所に祭られている毘沙門天に誰よりも早く参拝しようとするさまは圧巻。重さ約30㌔のろうそくを使用することから、別名「大ローソク祭り」とも呼ばれている。

問い合わせは、裸押合大祭委員会(電話025-777-3773)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。