和歌山・串本で古芝焼き尽くす火祭り

最新地方ニュース
2016/12/31-Sat

 和歌山県串本(くしもと)町の潮岬望楼(しおのみさきぼうろう)の芝で1月28日、「本州最南端の火祭り(潮岬望楼の芝焼き)」が行われる。

古芝を焼いて害虫を駆除し、新芽の成長を促すことを目的に行われる恒例行事。

地元高校生が火のついた矢を放って点火し、太平洋を望む3万坪の芝生をわずか1時間足らずで焼き尽くす。

点火前には名物「しょらさん鍋」の振る舞いや民謡「串本節」「潮岬節」の踊り、トルコの民俗舞踊なども披露される

問い合わせは、串本町観光協会(電話0735-62-3171)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。