奈良・正暦寺で中風封じの祈祷会

最新地方ニュース
2015/11/30-Mon

奈良市の正暦寺(しょうりゃくじ)で12月22日、「冬至祭(とうじさい)」が開かれる。

一年で昼が最も短く、夜が長い冬至に行われる中風(ちゅうふう)封じの祈祷(きとう)会。「中風」とは、脳卒中などによる後遺症で半身不随やまひ状態になることなどを意味している。 

当日は本堂の不動明王の前に護摩壇が設けられ、厄よけの護摩法要が行われる。また、冬至にカボチャを食べると中風をはじめ種々の病気にかからないといわれており、カボチャ尽くしの精進弁当の振る舞いもある。(有料・要予約)

問い合わせは、正暦時(電話0742-62-9569)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。