滋賀・東近江で5千体の石仏供養

最新地方ニュース
2015/07/30-Thu

滋賀県東近江市の引接寺(いんじょうじ)で8月22日、「万燈供養」が行われる。

信者らの手で庭園の奥にある「来迎浄土(らいごうじょうど)」に集められた石仏約5千体を供養する行事。 

この石仏は織田信長によって焼き討ちにあい、その後山野に放置されたままになっていたもの。付近にはまだ数千から数万体の石仏が残っているという。

供養では腰に大きな土鈴を付けた人々の手で、石仏に明かりをつけていく。すべての石仏に明かりがともると、辺りは幽玄な雰囲気に包まれる。

問い合わせは、引接寺(電話0749-46-1285)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。