広島・宮島で戦国時代から続く盆踊り

最新地方ニュース
2015/07/23-Thu

広島県廿日市市の宮島で8月17、18に「宮島踊りの夕べ」が行われる。

戦国時代から伝わるとされ、市の無形民俗文化財にも指定されている祭り。 

今から約500年前、伊予の海賊が宮島付近で悪さをしていたが、ある時暴風に巻き込まれ多くの人が亡くなったという。その後その海域を通る船は亡霊を見ることが多くなったことから、弔いの踊りを始めたのが始まりとされている。

編みがさをかぶって顔を隠しながら、黒紋付を着て踊るのが特徴とされてきたが、現代では服装は自由になっている。

このほか、「アンパン踊り」「宮島八景」など4パターンの踊りを繰り返し踊る。踊り方は、すり足で3歩進み1歩戻る、手は左右交互に上下させるという簡単なものであるが、ゆっくりとしたした動きは優雅さを感じさせる。

このほか、しゃもじを手に持ち踊る「杓子(しゃくし)踊り」などもある。

問い合わせは、宮島芸能保存会(電話0829-44-0757)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。