三重・白髭神社で年に1度の海女の祭り

最新地方ニュース
2015/06/30-Tue

三重県鳥羽市の白髭(しろひげ)神社で7月11日、「しろんご祭」が行われる。

同神社は伊勢湾口に位置する菅島に建っており、祭は豊漁と海上安全を祈願して行われる。代々受け継がれてきた伝統的な海女の祭りとして、地元では「しろんごさん」の名で親しまれている。 

神社近くの白浜は年間を通じて禁漁区となっているが、この日のみ漁が許される。ほら貝の合図で島の海女たちが一斉に海に潜り、アワビやサザエを採る。

最初に雌雄一対のアワビを採った海女は一年間島の海女頭となり、このアワビは島の守護神・白髭大明神へ奉納される。

問い合わせは、菅島旅館組合(電話0559-34-2231)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。