宮城・松島湾で塩竈みなと祭

最新地方ニュース
2015/06/29-Mon

宮城県塩竈(しおがま)市で7月19、20日に「第68回塩竈みなと祭」が開かれる。

1948(昭和23)年に始まった祭りで、日本三大船祭りの一つに数えられる。 

メーンイベントの神輿(みこし)海上渡御では、志波彦神社と鹽竈(しおがま)神社の神輿を奉安した「龍鳳丸」「鳳凰丸」の2隻の御座船(ござぶね)が約100隻の供奉船(ぐぶせん)を従え、日本三景の松島湾内を巡幸する。

その後、重さ1㌧にもなる神輿が陸上をパレードし、観客に見送られながら200段以上の階段を上って神社に戻る。

19日の前夜祭では、約5千発の花火が打ち上げられる花火大会なども行われる。

問い合わせは、塩竈みなと祭協賛会(電話022-364-1165)へ。

 

全国のセブン-イレブン16,600店舗で購入できる「TV経済新聞」の人気コーナー■今週の「どこへ行こう」に最新地方ニュースで紹介した記事をピックアップして掲載しています。