2018年02月のお知らせ

3月私立図書館情報
 きょうの津山市の天気予報は晴れ。最高気温は11度。最低気温は−4度の予報となっています。

 さて本日は3月の私立図書館情報です。

 市立図書館(アルネ・津山4階)
午前10時〜午後7時 24-2919
●小さな子どものえほんのじかん
 とき 毎週水曜日10:30〜11:00 
●木曜ビデオ館 とき 毎週木曜日14:30〜 
内容   1日「ふたりの贖罪」 8日「父の詫び状」 15日「最高の人生のつくり方」 22日「新・京都百景 秋・冬編」 29日「新・京都百景 春・夏編」     
●ファミリーシアター 
 とき 11日(日)14:30〜内容「釜石の“奇跡”
子どもたちが語る3・11」  
●小学生のための「物語をたのしむ会」    
 とき 17日(土) 14:00〜14:40  
●おはなし会 
とき 15日(木)11:00〜11:30   
●むかし話を聞く会
とき 3日(土)14:00〜14:30  
●脳を活性化する!「大人の音読会」
 とき 13日(火)14:00〜15:00
●図書館ボランティアまつり
とき 25日(日)10:00〜16:00 
図書館ボランティアのみなさんによる日頃の活動成果の発表と体験コーナー。多くの方へボランティアへの理解と交流を深めていただけるイベントです。
 内容 おはなし会、ストーリーテリング、えほんのよみきかせ、本の修理、装備、布えほんであそぼう ほか
●第7回つやま読書会
とき 3月18日(日)午後2時〜3時30分 
ところ 津山市立図書館
募集人数 先着10人
申込期間 〜前日 電話か窓口へ
問 津山市立図書館 24-2919
(2018.2.23[Fri])

津山で春の洋ラン展
 きょう紹介するイベントは津山文化センター展示館で3月2日から4日まで開催の「春の洋ラン展」。

 今展では、主催の津山洋ラン友会会員が育てた世界のランを一堂に展示するほか、洋ラン生産者のランや会員の余剰株を販売するコーナー、会員による洋ラン栽培に関する相談コーナーが設けられます。また、押し花やランの写真展示なども行われます。

 開館時間は午前10時から午後6時までで最終日の4日は午後5時まで。入場は無料で、即売コーナーなどで3000円以上お買い上げの方には余剰株が進呈されます。

 ご興味のある方はぜひ会場へお越しください。
(2018.2.22[Thu])

雛めぐり
 きょうの津山市の天気予報は雪のち晴れ。最高気温は9度。最低気温は−2度の予報となっています。


 きょうは3月1日から4月3日まで開催の「津山城下町 雛めぐり」を紹介します。

 中心商店街を中心に津山城(鶴山公園)城西地区、城東地区で開催されるこのイベントでは期間中、多彩な雛人形が各店に並びます。

 鶴山館では、明治初期の雛飾りや段飾り、市松人形が飾られ、商店街に設けられたおかみさんの雛まつり会場では、おかみさんによる手作りのつるし飾りが展示されます。城西地区では、旧出雲街道沿いにある各店で、手作りのつるし雛が飾られ、城東地区でも城東むかし町家を中心に各店で雛人形を展示しています。

 城西浪漫館でも3月1日から雛人形を展示しておりますのでぜひお立ち寄りくださいね。
(2018.2.21[Wed])

名医を慰留せしめた名館〜城西浪漫館〜
津山市のきょうの天気は、はれのちくもり。最高気温12度、最低気温−2度の予報になっています。

 さてきょうは、名医を慰留せしめた名館、中島病院旧本館について…。

 大正ロマン漂う館内にはカフェを併設したほか、1階部分をバリアフリー化、身体障がい者用トイレを設備、中島病院旧本館の歴史を振り返る常設展示を行っています。
 2階は貸しギャラリーなどとして利用できる多目的室を4室備え、心安らぐ文化・歴史空間を目指します。

 大正6年(1917)建築の木造2階建て(延べ250u)。正面にドームを配し、屋根や窓の細かい装飾が特徴で部屋ごとに異なる材質の大理石を使った暖炉が4ヵ所にあります。
 旧津山洋学資料館(津山市川崎・市重要文化財)を手掛けた池田豊太郎氏の代表作の一つで平成22年(2010)に国の有形文化財に登録されました・

〜中島病院旧本館と中島琢之先生について〜

 中島琢之先生は明治18年(1885)3月29日、津山市高野本郷河原森(当時は苫田郡高野村)の医師大次郎氏の長男として生まれました。中島家は代々地頭職をつとめた家柄です。
 関西中学一高に進み、東京帝国大学医科大学(現東京大学医学部)を卒業、同医大入沢内科、日本医科専門学校教授、同校付属病院の内科部長として活躍していましたが、郷土の熱望に応えて大正3年に帰郷しました。
 当初、津山市(当時苫田郡津山町)元魚町に私立中島病院を開設し多くの患者が詰めかけました。その後研究のため再度上京したい考えをもらいましたが、「せっかくの名医を失っては大変」と名士たちが引き止めました。とくに銀行家の妹尾順平氏は熱心でレントゲンなど当時の最新機器を備えた病院を造りました。

 建築場所は田町の西の端で南は坪井町でした。建設当時の主要交通機関の鉄道は津山口までで、当時は今西町が津山の玄関口。坪井町は一番の繁華街でした。よってここが建設の最適地として選ばれました。
 工事ぶりを眺めながら、中島先生は「これで東京に出るチャンスを失った」と冗談交じりに嘆いた伝えられています。
 中島先生は苫田郡医師会の初代会長(大正9年)、岡山県医師会会長(昭和15年)、さらに医学界での活躍ばかりでなく政治家として活躍され、昭和4年に誕生した津山市の初代市議会議長、昭和5年には衆議院議員に、その後再び市議会議長になり昭和10年には第3代津山市長などを歴任されました。

 郷土の発展のために尽くした中島先生に関わる貴重な資料を1階に常設展示しています。

ぜひ、歴史を感じにお越しください!!


〜So's Cafe〜

 営業時間:9時〜16時(LO15時30分)
 定 休 日:月曜日(祝日の場合翌日)

〜城西浪漫館〜

 開館時間:9時〜17時
 休 館 日:月曜日(祝日の場合翌日)
(2018.2.20[Tue])

休館日のお知らせ
休館日(2月19日)です。

毎週月曜日は休館日です。
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となります)
(2018.2.19[Mon])

津山城下町 雛めぐり
津山市のきょうの天気は、くもり。最高気温8度、最低気温−2度の予報になっています。

 さてきょうは、津山城下町雛めぐり2018年3月1日(木)〜4月3日(火)のおしらせです。

 城西地区は大正ロマンにあふれる町。作州民芸館(休館日:月曜日)と民芸館周辺には、地域の方が所属する大正時代のお雛様と100をこえる手作りのつるし飾りが飾られます。作州民芸館には城西保育園・西幼稚園の園児たちが作ったお雛様の展示も予定しています。
 期間中、ぜひ城西「ひなめぐり」をお楽しみください。

 2018年3月4日(日)開催イベント案内

 作州民芸館〈体験教室〉

●結い雛作り(ケース入り)

 時間:10時〜15時
 受付:13時までにお越しください
 人数:50名※事前申込不要
 参加費:500円(当日集金)
 持参品:はさみ
 会場:2階

●福をよぶフクロウ作り

 時間:12時〜15時
 受付:10時〜(当日受付)
 人数:20名
 参加費:300円
 持参品:裁縫道具
 会場:1階

●絵手紙作り

 時間:12時〜15時
 受付:10時〜(当日受付) 
 人数:20名
 参加費:50円
 会場:1階

〈雛めぐりステージ〉※参加無料

・しの笛コンサート(午前の部)
  時間:10じ30ふん〜
  会場:1階

・布絵巻物公演(午後の部)
  時間:13時〜
  会場:1階

●城西☆ふれ愛カフェ

 開店時間:10時〜15時
 会場:民芸館1階
 メニュー:ホットコーヒー・ジュース・甘酒
      ひなむすび弁当

 大人気!東高校クッキー販売

●なりきり記念撮影コーナー

 時間:11時〜15時
 会場:民芸館1階
 ・着物(幼児〜大人)を羽織って「お雛体験」しませんか?
  お手持ちのカメラで自由に撮影できます

●城西おかげ弁当

 ミンチカツ弁当(限定50食)800円
  かふぇ花音(35−2919)

●鶴山おこわ(限定50食)1,000円
  武田待喜堂(22−3676)
 ※作州民芸館内でも11時より販売いたします

●作州絣工芸館(当日受付)

 オリジナルくるみぼたん作り

  時間:11時〜15時
  参加費:200円〜500円

 
※3月1日より当館でも雛めぐりの雛人形を展示いたします。ぜひ城西浪漫館にもお立ち寄りください。
2018.2.18[Sun]

津山市立図書館でトークイベント
 きょうは、津山市立図書館で2月21日に開催の「まちカレ・トークイベント『まちの未来をこの手でつくる』」を紹介します。

 図書館が集客し民間で稼ぐ新しい手法で官民連携の最先端として注目されていますオガールプラザ(岩手県紫波町)。このイベントでは、オガールプラザ株式会社代表取締役の岡崎正信氏、株式会社和田デザイン事務所代表取締役の和田優輝氏を講師に招き、NPO法人みんなの集落研究所代表執行役の石原達也氏の進行で図書館と「まちカレ」を話題に津山市で何ができるか考える。

 開催時間は午後5時から7時までで参加は無料。定員は50人(先着順)。参加を希望される方は2月18日までに申し込みが必要です。

 お問い合わせ申し込みは津山市立図書館(電話0868−24−2919)へ。
2018.2.17[Sat]

児童館だより
 津山市のきょうの天気は、晴れのち曇り。最高気温10度、最低気温−1度の予報になっています。

 さてきょうは、児童館だよりのおしらせです。

●南(ワイワイ)児童館【いっぱいあそぼ】
    
    とき:2月21日(水)午前10時30分〜11時30分
    内容:0歳〜未就園児と保護者

●加茂(ぐりむ)児童館【エアーマットデー】

    とき:2月25日(日)午前11時〜11時30分、午後2時〜2時30分
    対象:小学生まで

●一押しイベント 加茂児童館 手形足型アート
  
 お子さんの成長記録や思い出として、手形足型アートを作ってみませんか。

 テーマ:手形の「クジャク」

 と き:2月19日(月)午前10時30分〜正午

 対 象:幼児と保護者

 参加費:無料

 申 込:不要
 
 お問合せ:加茂(ぐりむ)児童館午前10時〜午後5時TEL/42-3168
(2018.2.16[Fri])

-はじまりの和紙-居森幸子展
津山市のきょうの天気は、曇りのち晴れ。最高気温12度、最低気温1度の予報になっています。

 さてきょうは、−はじまりの和紙−居森幸子展のおしらせです。

 日本画表現から作品制作に道に入った画家・居森幸子は、自らの絵本や詩画集を制作しつつ、日本画の材料である和紙や顔料などを独自に生かした作品を制作するなど幅広い作風を持ち合わせた表現を特長としていました。
 近年は、和紙の素材としての特性を巧みに生かした作品を精力的に制作。和紙本来の美しさを抽出したそれらの作品は、深い精神性を感じさせる美しさに満ちています。
 常に新しい表現を模索する居森の意欲的な作品世界をご堪能下さい。

 ■開催日:2018年2月10日(土)〜3月14日(水)

 ■場所:奈義町現代美術館ギャラリー

 ■開館時間:午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)

 ■休館日:月曜日、祝日の翌日

 ■入館料:一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上は無料)

 お問合せ:奈義町美術館TEL/0868-36-5811.FAX/0868-36-5855
(2018.2.15[Thu])

3月1日から津山城下町雛めぐり
 きょうは3月1日から4月3日まで開催の「津山城下町 雛めぐり」を紹介します。

 中心商店街を中心に津山城(鶴山公園)城西地区、城東地区で開催されるこのイベントでは期間中、多彩な雛人形が各店に並びます。

 鶴山館では、明治初期の雛飾りや段飾り、市松人形が飾られ、商店街に設けられたおかみさんの雛まつり会場では、おかみさんによる手作りのつるし飾りが展示されます。城西地区では、旧出雲街道沿いにある各店で、手作りのつるし雛が飾られ、城東地区でも城東むかし町家を中心に各店で雛人形を展示しています。

 城西浪漫館でも3月1日から雛人形を展示しておりますのでぜひお立ち寄りください。
(2018.2.14[Wed])

休館日のお知らせ
休館日です。

2月12日(振替休日)が祝日だったため13日(火)が休館日となります。
(2018.2.13[Tue])

歌舞伎の土人形が一堂に
 きょうは勝山文化往来館ひしおホールで2月25日から3月11日まで開催の「歌舞伎を演じる土人形たち」を紹介します。

 今展では、日本郷土玩具会会員で津山市在住の杉元耕司さんが収集している土人形の中から「歌舞伎に関係している土人形たち」を展示します。出雲街道にゆかりの歌舞伎に興味を持ち、全国各地に伝承される歌舞伎土人形を集めて40年の杉本さんが所有する土人形が一堂に集うまたとない機会です。ぜひ、ご覧ください。

 開館時間は午前10時から午後4時30分で、休館日は水曜日。入場料は200円で中学生以下は無料です。

 お問い合わせは、勝山文化往来館ひしお事務局(電話0867−44−5880)へ。
(2018.2.12[Mon])

藤本隆美作品展
  きょうの津山市の天気予報は晴れのち雪。最高気温は5度。最低気温は0度の予報となっています。

 さて本日は「藤本 隆美作品展」のご紹介です。

 藤本さんは頭の中に溢れ出るイメージを様々な手法を用いて表現し続けているそうで、アクリル絵の具、カラーインク、コンテ、クレヨン、鉛筆などその時その瞬間に溢れ出るままに自然に形にしているそうです。

 作品ははっきりと明確なテーマや意図によって書かれたものではなく【オートマティズム】と言われるような無意識に生み出されたもので、作品を見てくれた人たちに、ただ純粋に自由なありのままの捉え方をしてもらえたら…と藤本さん。
 
 ぜひ足を運んでみてください!!

 とき:2018年3月4日(日)
 場所:ONSAYA COFFEE津山店
 
 お問合せ先:岡山県津山市沼 6-8 
 TEL 0868-35-0900
 OPEN 11:00 /CLOSE 19:00
2018.2.11[Sun]

2月図書館だより
津山市のきょうの天気は、雨。最高気温6度、最低気温−1度の予報になっています。

 さてきょうは、2月図書館だよりのおしらせです。

 《講演会》共感をよぶ情報発信術〜広報のツボと極意〜

   と き:2月28日(水)午前10時30分〜午後12時30分
   
   ところ:市立図書館視聴覚室

   講 師:鎌倉幸子さん(アカデミック・リソース・ガイド株式会社取締役)

   定 員:30人(先着順)

   申込方法:電話または窓口で申し込む

   受付期間:2月1日(木)〜25日(日)


 《まちカレ・トークイベント》「まちの未来をこの手でつくる」

   と き:2月21日(水)午後5時〜7時

   ところ:市立図書館視聴覚室

   講 師:トーク=岡崎正信さん(オガールプラザ株式会社代表取締役)、和田優輝さ       ん(株式会社和デザイン事務所代表取締役)、ファシリテーター=石原達也       さん(NPO法人みんなの集落研究所代表執行役)
   定 員:50人(先着順)

   申込方法:電話または窓口で申し込む

※市立図書館(アルネ・津山4階)午前10時〜午後7時 TEL/24-2919
2018.2.10[Sat]

津山城下町 雛めぐり
 きょうの津山市の天気予報は晴れのち曇り。最高気温は8度。最低気温は−6度の予報となっています。


 さて本日ご紹介するのは「津山城下町 雛めぐり」です。

 城西地区の大正ロマンあふれる町で地域の方が所蔵する大正時代のお雛様と100をこえる手作りのつるし飾りが飾られます!!

 作州民芸館には城西保育園・西幼稚園の園児たちが作ったお雛様の展示もよていしているそうです。

 その他にも…
 ■体験教室 3月4日(日)
 *結い雛作り(ケース入り)…作州民芸館2階
 *福をよぶフクロウ作り…作州民芸館1階 etc…

 ■雛めぐりステージ 3月4日(日)作州民芸館1階
 ♪しの笛コンサート(10時30分〜)
 ♪布絵巻物公演(13時〜)

などなど盛だくさんとなっているようです!!
 ぜひ足を運んでみてくださいね!!
 

 ※3月1日より当館でも雛めぐりの雛人形を展示いたします。ぜひ城西浪漫館にもお立ち寄りください。
(2018.2.9[Fri])

絵本の読み聞かせイベント
 津山市立図書館の視聴覚室では3月6日、「岡山湯郷Belleの選手による読み聞かせ」が開催されます。

 イベントでは、岡山湯郷Belleの選手による絵本の読み聞かせやサッカーに関する話を聞くことができます。写真撮影会やサイン会も行われます。

 時間は午前10時30分から11時30分までで、サイン用の色紙は参加者でご用意ください。参加は無料です。

 お問い合わせは、津山市立図書館(電話0868−24−2919)へ。
(2018.2.8[Thu])

歌舞伎を演じる土人形たち
 きょうの津山市の天気予報は晴れのち雪。最高気温は3度。最低気温は−7度の予報となっています。

 きょうご紹介するのは「歌舞伎を演じる土人形たち」です。

 日本郷土玩具会会員の杉元耕司さんのたくさんの土人形コレクションの中から歌舞伎に関係している人形たちを一堂に集めた展示で、杉元さんが全国を回り一点一点集められた貴重な人形たちをぜひ、この機会にご覧ください!!

 場所:勝山文化往来館ひしおホール
 開館時間:10時〜16時30分
      水曜休館
 入場料:200円 中学生以下無料
 開催期間:2月25日(日)〜3月11日(日)

 お問合せ:ひしお事務局
      TEL/FAX0867-44-5880
(2018.2.7[Wed])

はじまりの和紙
 きょうの津山市の天気予報は晴れ。最高気温3度。最低気温−6度の予報となっています。

 さて本日は「はじまりの和紙」のご紹介です。

 日本画の材料である和紙や顔料などを独自に生かした作品を制作するなど幅広い作風を持ち合わせた表現を特長としている画家・居森幸子。

 近年は和紙の素材としての特性を巧に生かした作品を精力的に制作。和紙本来の美しさを抽出したそれらの作品は深い精神性を感じさせる美しさに満ちています。

 そんな作品の世界をぜひいかがですか?


 奈義現代美術館
2018年2月10日(土)3月14日(水)
開館時間:午前9時30分〜午後5時
     (入場は午後4時30分)
休館日:月曜日、祝日の翌日
    (2月12日月曜休館、2月13日火曜休館)
入館料:一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上は無料)
(2018.2.6[Tue])

休館日のお知らせ
休館日(2月5日)です。

毎週月曜日は休館日です。
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となります)
(2018.2.5[Mon])

日本の科学の夜明けと津山の洋学者
 きょうの津山市の天気は曇りのち時々雪。最高気温は4度。最低気温は−3度の予報となっています。
 
 さて本日は日本の科学の夜明けと津山の洋学者のご紹介です。
 
 津山藩医の宇田川榕菴(うだがわようあん)が、日本で最初の化学書「舎密開宗(せいみかいそう)」の刊行を開始してから、180周年を迎えました。榕菴は、「舎密は理の堂奥」(化学は理学の最も奥深い所にある)と言って、晩年を化学の研究に捧げました。榕菴が亡くなったことで「舎密開宗」は未完となってしまいましたが、この書から始まった日本の科学研究は、多くの人に引き継がれ、その後飛躍的な発展を遂げてきました。
 本展では、榕菴をはじめとして、宇田川準一や久原みつるら、江戸時代後期から明治時代の初めにかけて、日本の化学の業績を残した津山の洋学者たちについて紹介致します。


●会期:平成29年11月18日(土)〜平成30年2月25日(日)

●開館時間:9時〜17時(入館は16時30分まで)

●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日

●会場:津山洋学資料館 企画展示室 TEL/0868-23-3324
2018.2.4[Sun]

奈義の美術館で彫刻展
 きょう紹介するイベントは2月4日まで奈義町現代雄美術館で開催中の「岡山現代彫刻の断片vol.2【具象−人と動物の物語】」。

 彫刻の素材は多種多様で、観る者、作者の意図によって全く異なった表情を見せます。今展では、素材や手法の変化に富み、多様な展開を見せてくれている岡山の作家4人の作品を紹介する選抜グループ展。木、土、樹脂などを用いて人と動物をモチーフにし、詩情や物語性、ときにユーモアをまじえた多彩な作品群が登場します。

 またあすには、作家が作品について語る「ARTIST×CAFE」が開催されます。参加には入館料とは別に300円が必要です。

 開館時間は午前9時30分から午後5時で月曜日と祝日の翌日が休館日。入館料は一般・大学生が200円で高校生以下、75歳以上は無料。

 お問い合わせは奈義町現代美術館(電話0868−36−5811)へ。
2018.2.3[Sat]

2月津山市立文化展示ホール
津山市のきょうの天気は、晴れのち曇り。最高気温10度、最低気温−1度の予報になっています。

 さてきょうは、2月まちなかインフォメーション津山市立展示ホールのおしらせです。


●第57回錦絵会員書道展     【日時】2月2日(金)10:00〜18:00 ※4日は17時まで
 第71回記念津山書道会会員展  【料金】無料
                【主催・問合せ】津山書道会TEL0868-26-2780(水島)

●平成29年度津山市       【日時】2月9日(金)〜11日(日)10:00〜18:00
 小・中学校教育美術展     【料金】無料
                【主催・問合せ】津山市教育委員会学校教育課TEL0868-32-2115(高山)

●第13回津山写遊クラブ作品展  【日時】2月14日(木)〜18日(日)10:00〜18:00
 (写真)【西側半室】        ※14日は13時から 18日は17時まで
                【料金】無料
                【主催・問合せ】津山写遊クラブTEL0868-22-3521(小林)

●第38回津山市医師会美術展
 (日本画・書・写真他)【東側半室】【日時】2月14日(木)〜18日(日)10:00〜17:00
                    ※14日は13時から 18日は17時まで
                【料金】無料
                【主催・問合せ】一般社団法人 津山医師会TEL0868-22-2168(辻)

●全日本写真連盟津山支部写真展 【日時】2月23日(金)〜26日(月)10:00〜17:00
                    ※23日は14時から 26日は15時まで
                【料金】無料
                【主催・問合せ】全日本写真連盟津山支部TEL0868-38-3322(田渕)

※アルネ・津山4階貸館9時〜19時(受付18時まで)休館日20日(火)TEL0868-31-2525

 
(2018.2.2[Fri])

前田孝造 戌年の干支色紙展
 きょうの津山市の天気は曇り一時雪。最高気温は7度。最低気温は−3度の予報となっています。

 本日は城西浪漫館で開催している。「前田孝造 戌年の干支色紙展」のご紹介です。

 今展は、高梁市出身の画家で主体美術協会の設立メンバーの一人である前田孝造氏(1932−1998)が干支をモチーフに描いた色紙の中から今年の干支である戌を中心(8枚)に40枚を展示しています。この色紙は、昭和の終わりから平成にかけて毎年の晩秋、お世話になった方や親しい友人たちに贈ったものや天満屋岡山店で開催される「歳末助け合い美術展」(山陽新聞社会事業団主催)へ寄せていました。


 同氏の描いた十二支の色紙が一堂に展示される貴重な機会です。ぜひ一度城西浪漫館へお立ち寄りください。

 ※2月4日(日)までの展示となっております。

(2018.2.1[Thu])

もどる
バックナンバーリスト
城西浪漫館

HOME