2017年07月のお知らせ

休館日のお知らせ
休館日(7月31日)です。

毎週月曜日は休館日です。
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となります)
(2017.7.31[Mon])

津山土産に

 きょうの津山市の天気はくもり時々晴れ。最高気温は32度、最低気温は23度の予報となっています。
 
 さてきょうご紹介するのは、天満屋アルネ津山店での帰省土産&Made in 津山。天満屋1階のコンコースで開催されます。

 【期間】 8月8日(火)〜14日(月)
 【内容】 帰省の手土産に最適な商品、
      また津山ご誇るよいもの、美味しいもの
      が取り揃えられています。

 当館自慢の榕菴珈琲もアルネ津山店さんには、いつも置いていただいています。この機会にのぞいてみてはいかがでしょうか?

 当館でも、榕菴珈琲、その他にもおすすめの珈琲を取り揃えて販売中です。ぜひお土産にどうぞ。お待ちしております。
2017.7.30[Sun]

8月児童館だより
津山市の今日の天気は、曇り。最高気温31度、最低気温25度の予報になっています。
夏休みに入り、プール、海、川と炎天下に出ている機会が増えると思いますが、
大人はもちろんお子様も紫外線対策、水分補給をしっかりとなさって楽しい週末をお過ごしください。

 さてきょうは、8月児童館のおしらせです。

■中央児童館(山北)午前10時〜午後5時 TEL22-2099

※科学遊び とき:8月23日(水)午後1時30分〜2時30分
    
       内容:美作大学の学生と一緒に空気砲作りなどで遊ぶ

       対象:小学生
 
       定員:5人

       受付:8月1日(火)午前10時〜

■南(ワイワイ)児童館(横山)午前10時〜午後5時 TEL24-4400

※人形劇  とき:8月25日(金)午前10時〜11時

       ところ:福岡会館(横山)

■加茂(ぐりむ)児童館(加茂町中原)午前10時〜午後5時 TEL42-3168

※あそぼっと水遊び とき:8月11日(祝)午前10時30分〜11時30分

           対象:幼児と保護者
     
           持ってくるもの:タオル・着替えの服

■阿波児童館(阿波)月・水・木・金曜日午後1時〜午後5時 TEL46-2076

※わくわくタイム とき:8月14日(月)、16日(水)〜18日(金)午後2時〜3時

          内容:工作
2017.7.29[Sat]

津山まちなかインフォメーション
津山市のきょうの天気は、曇り時々晴れ。最高気温32度、最低気温26度の予報になっています。
熱中症指数は、危険。涼しい室内で水分補給も忘れないように!!!

 さてきょうは、8月津山まちなかインフォメーションのおしらせです。

 〜みんなで歌って踊って盛り上げる♪世界にひとつだけの手作り〜

■開催日:2017年8月27日(日)

■会 場:ベルフォーレ津山

■時 間:開演10:00〜
    (会場9時30分〜)

■※観覧無料



 〜まちなかシネマ賑わい創出事業 ベルフォーレシアター〜

※昼顔
 @10時30分〜A14時00分〜

※家族はつらいよ2
 @10時30分〜

※帝一の國
 @14時00分〜

■料金:一般 1,500円 学生1,200 小人1,000(200円割引券有り)


【お問い合わせ】ベルフォーレ津山 TEL0868-31-2525


※城西浪漫館2Fでは、津山怖〜い伝説展を開催中!!!
津山藩に首を刎ねた名刀「童子切」伝説も紹介しています。
 ぜひ、この夏休みに、家族やお友達とご覧になってみてはいかがですか?
(2017.7.28[Fri])

つやま図書館まつり
津山市のきょうの天気は、晴れ後曇り。最高気温31度、最低気温22度の予報になっています。
熱中症には十分に気をつけて、室内にいても水分補給をしっかりして、冷房を使用し温度管理をなさってくださいね。

 さてきょうは、津山図書館8月のおしらせです。

※図書館まつり(市立図書館)

 おはなし会や工作のほか、本のお楽しみ袋、ビブリオバトルなどさまざまなイベントを開催します。

とき:8月19日(土)・20日(日)午前10時〜午後7時

■講演会「いのち」からみた津山藩の女・男・子ども」

とき:8月19日(土)午後2時〜

講師:沢山 美果子さん(岡山大学大学院客員研究員)

■夜のとしょかん

とき:8月19日(土)午後7時〜

内容:怖い本の読み聞かせ、ミュージカル劇団きんちゃい座による劇、コンサート、夜の書庫探検ほか

※申込不要

市立図書館(アルネ・津山4階)午前10時〜午後7時 TEL0868-24-2919
(2017.7.27[Thu])

まにわ映像フェスティバル2017
津山市のきょうの天気は、曇り後晴れ。最高気温32度、最低気温23度の予報になっています。
水分補給と、外に出られる際は、暑さ対策をしっかりと!!!

 さてきょうは、まにわ映像フェスティバル2017のおしらせです。

今年で15年目を迎える国内最大の学生アニメーション映像祭「ICAF(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)」が
勝山アニメーション・ショウケースに登場!
一般の商業作品とは異なるディメンションにおいても、やはり国際的注目を集める日本学生アニメーションの世界。
今年は第1弾の特別企画として、その15年分の貴重な作品を一挙に総ざらえ特集上映します。


ホール上映

 「インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル岡山上映」
 
  開始記念特別上映・・・入場無料

 「学生アニメーションの最前線15年の歴史」

2017.8.11.FRI〜8.27.SUN/10:00〜19:30
 
  ひしおホール 1日5回上映 60分 3プログラム
11:00/13:00/14:30/16:00/18:30
18・19・20日のみ18:30を19:40からの上映に変更


トークイベント

 「インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル岡山上映」

  特別トークイベント

「ICAFと学生アニメーションの昨日・今日・明日」

2017.8.19.SAT /15:00〜16:30

  ひしおホール

プレイベント

  北房の子供たちと北房の町で7/29に撮影した映像上映

  プレイベント・・・入場無料

  「コマ撮りワークショップ」上映会

2017.7.30.SUN/16:30〜17:00
 
  北房・中津井小学校体育館

マッピング

東京工芸大が「真庭」を描く・・・入場無料

「アニメーションマッピング」

  2017.8.18.FRI〜20.SUN / 19:30〜21:00

ひしおとその周辺

お問い合わせ:勝山文化往来館ひしおTEL.0867-44-5880
(2017.7.26[Wed])

珈琲クリームパン
 きょうの津山市の天気はくもり時々雨。最高気温は30度、最低気温は24度の予報となっています。北部では雷注意報がでており25日夜遅くまで落雷、土砂災害に注意が必要です。
 昨日も夕方から激しい雨が降り、雷もなりました。お出掛けの際はお気をつけください。

 7月22日には津山でB’Zの凱旋コンサートが行なわれました。当館もコンサート前日には、様々な県からのお客様でにぎわいました。ご来館いただきありがとうございました。

 さてきょうご紹介するのは、珈琲クリームパン。アルネ津山店内の老舗パン屋ポンパドウルさんと当館自慢の珈琲とのコラボレーションのクリームパンです。
 香り高い珈琲をふんわりスフレ生地と珈琲クリームに使った、大人の珈琲クリームパン。限定販売となっています。販売期間もあとわずかとなりました。この機会にぜひ一度ご賞味ください。
 
 アルネ津山店内 ポンパドウルにて販売中!本体価格¥180
(2017.7.25[Tue])

休館日のお知らせ
休館日(7月24日)です。

毎週月曜日は休館日です。
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となります)
(2017.7.24[Mon])

「津山の怖〜い伝説」展開催中
 城西浪漫館では、夏休みを迎えた子どもたちに津山の民話や伝承を学んでもらおうと8月31日まで「津山の怖〜い伝説」展を開催中です。

 今回は初めて、津山藩の家宝として太平洋戦争終戦まで継承されてきた名刀「童子切」伝説を紹介します。丹波国大江山の鬼の頭領・酒呑童子の首を切り落としたとされる「童子切」は天下五剣の一つ。津山藩が6人の罪人の死体を積み重ねて刀を振り下ろしたところ、6つの死体を切断しただけではなく刃が土台まで達したという伝説が残っています。昭和8年に国宝となり、現在は東京国立博物館に所蔵されている津山ゆかりの名刀です。

 ほかにも徳守神社(宮脇町)の「阿花宮」や京町の「抜首」、安岡村の「産女など津山市内の民話、伝承を現地の写真を添えて分かりやすく紹介するほか、「後山の雪女」など美作地域の民話にも焦点を当てます。さらに江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人・歌川国芳(うたがわ・くによし、1797〜1861)の妖怪絵、化け物絵を多数展示して、来館者の“涼”を誘います。

 一階のカフェでは冷たい飲物や夏限定メニューもご用意いたしております。お近くにお越しの際は、ぜひご来館ください。

2017.7.23[Sun]

第40回こども消防写生大会
津山市のきょうの天気は、晴れ後曇り。最高気温33度、最低気温24度の予報になっています。
みなさま、水分補給をしっかりして、熱中症には十分にお気をつけください。

 さてきょうは、第40回こども消防写生大会のおしらせです。


とき・ところ:7月24日(月)=衆楽公園土の広場(山北)
         25日(火)=イーストランド駐車場(川崎)
         26日(水)プラント5鏡野店駐車場(鏡野町)

じ  か  ん:各回午前9時30分〜正午

た い しょ う:小学生、幼稚園児、保育園児

さ ん か ひ :無料

もってくるもの:絵の具、筆などの写生用具(画用紙は配布します)

※申込不要。雨天時は、7月24日(月)は27日(木)に順延、25日(火)、26日(水)は中止

お問い合わせ:こども消防写生大会事務局(津山圏域消防組合消防本部内:林田)
       TEL31-1262
2017.7.22[Sat]

水森亜土展
 きょうの津山市の天気は晴れ。最高気温は33度、最低気温は24度の予報となっています。やっと梅雨もあけ、夏らしくなってきましたね。熱中症対策は万全に皆さまお過ごしください。

 さてきょうご紹介するのは、水森亜土〜アドちゃんのクリエイション展〜。
 あす、7月22日から9月3日まで新見美術館ではじまります。会期中は無休で、8月12日には、ワークショップ、子と親のスケッチ教室が、8月6日には「オリジナルのイラストで書中見舞いを描いてみよう」も開催されます。
 イラストレーター、画家、女優、ジャズ歌手など多分野においてめまぐるしく活躍中の水森亜土。楽しい亜土ちゃん紹介XTRも上映されます。この機会に楽しい亜土ちゃんの世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。
(2017.7.21[Fri])

城西浪漫館で「津山の怖〜い伝説」展

 きょう紹介するイベントは、城西浪漫館で8月31日まで開催の「津山の怖〜い伝説」展。夏休みを迎えた子どもたちに津山の民話や伝承を学んでもらおうと開催。

 今回は、初めて津山藩にあった鬼の首を刎ねた名刀「童子切」伝説を紹介します。「童子切」は豊臣秀吉、徳川家康から津山藩主の松平家へ伝わり、津山松平家の家宝として太平洋戦争終戦まで継承されてきた天下五剣の一つ。丹波国大江山の鬼の頭領・酒呑童子の首を切り落としたとされます。ほかにも津山藩が6人の罪人の死体を積み重ねて刀を振り下ろしたところ、6つの死体を切断しただけではなく刃が土台まで達したという伝説が残っています。昭和8年に国宝となり、現在は東京国立博物館に所蔵されている津山ゆかりの名刀です。

 また津山に民話や伝承として伝わる妖怪や怪談を写真やパネルで多数紹介。徳守神社(宮脇町)の「阿花宮」や京町の「抜首」、安岡村の「産女」、「三腰幽霊」など津山市内の民話、伝承を現地の写真を添えて分かりやすく紹介するほか、「後山の雪女」など美作地域の民話にも焦点を当てます。

 さらに江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人・歌川国芳(うたがわ・くによし、1797〜1861)の妖怪絵、化け物絵を多数展示して、来館者の“涼”を誘います。

 お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご来館ください。
(2017.7.20[Thu])

稲葉浩志登場の市勢要覧、浪漫館で販売中
 津山市のきょうの天気は、曇り時々晴れ。最高気温32度、最低気温23度の予報になっています。雷注意報も発令されています。
 熱中症指数は、きょうも厳重警戒となっています。炎天下は避け、水分補給をしっかりとなさってください。

 さてきょうは、いよいよ今週末に、あのビッグアーティストの稲葉浩志さんが帰ってきます!!!!
 その稲場浩志さんが巻頭特集で津山への郷土愛を語ってくれた津山市・市勢要覧を城西浪漫館でも一部300円で販売しております。ご購入をご希望の方は職員にお申し付けください。

本誌は、他にも
   
   ※食・グルメ愛
           津山に伝わる牛肉文化

   ※古・歴史愛
           歴史的町並み残る城下町

   ※古・歴史愛
           日本初の業績を成した洋学者
           近代津山の歴史を物語るレトロ建築

   ※技の継承
           長年の伝統を繋ぐ

   ※自然の恵み
           津山ブランドを育てる

   ※移住者インタビュー
           つやまで発見わたしのくらし

   ※健やか生活
           心と身体に豊かさを

   ※次の世代へ
           未来への挑戦

   ※津山市ガイドブック

   ※津山市のくらし
    津山市第5次総合計画

などが掲載されていますので、みなさま是非お手にとってみてください。
(2017.7.19[Wed])

休館日のお知らせ
休館日です。

7月17日(海の日)が祝日だったため18日(火)が休館日となります。
(2017.7.18[Tue])

津山市立図書館で子どものための活用講座
 きょう紹介するイベントは津山市立図書館で7月30日開催の「子どものための図書館活用講座『親子で図書館探検!!』」。

 図書館の書庫など、普段入ることのできない図書館の裏側を見ることができるほか図書館の上手な活用法などが聞ける。開催時間は午前10時30分から12時まで。市内の小学生と保護者10組が対象で、7月23日まで参加者を募集しています。参加を希望される方は先着順なのでお早めにお申し込みください。

 お問い合わせ、お申し込みは津山市立図書館(電話0868−24−2919)へ。
(2017.7.17[Mon])

榕菴珈琲〜和蘭から幕末の津山に伝わりし味〜
津山市のきょうの天気は、曇り時々晴れ。最高気温33度、最低気温23度の予報になっています。
3連休の2日目いかがお過ごしですか?
今日も暑くなる模様なので、熱中症対策、水分補給をしっかりなさっておでかけくださいね。

 さてきょうは、和蘭から幕末の津山に伝わりし味 榕菴珈琲のご紹介です。

宇田川家は、津山藩医を代々務める家柄で、寛政9(1797)年、当主となった宇田川玄真(うだがわげんしん)が開いた私塾・風雲堂は、医学のみならず、化学、科学、自然哲学など幅広い分野で日本の楚を築き、蘭学中期最大の実力者と賞賛されています。
緒方洪庵、坪井信道、箕作阮甫らも門弟です。
その玄真の養子となり名門・宇田川家を継いだのが宇田川榕菴(ようあん1798から1846)です。
 文化8(1811)年に宇田川家の養子となった榕菴も同じく津山藩医となり、薬学、植物学、化学などを学び多くの書を著しました。それに際し当時の日本語に存在しなかった学術用語を翻訳。
酸素、水素、元素、酸化、細胞、といった現代の日本人が慣れ親しんでいる単語は、榕菴が考えたものです。
 榕菴は、当時まだ一般の人が口にすることのほとんどなかったコーヒーに興味を持ちます。
文化13(1816)年に「こっひぃせつ」という、日本に初めてとなるコーヒーについての論文で産地や効用などを紹介したほか、コーヒーの当て字「珈琲」も榕菴が考えたもので、日本のコーヒーの歴史に津山の蘭学者が大きく関わりました。後に玄真と榕菴は、幕府の仕事で「家庭百科事典」(オランダ語版)の翻訳に携わり、コーヒーの項目を担当した玄真は、榕菴の考えとして「味は淡白、微甘」と当時のコーヒーの味を伝えています。
 城西浪漫館(中島病院旧本館)では、郷土津山が生んだ偉人・宇田川榕菴を顕彰するため、江戸時代にオランダを通じて日本に持ち込まれたコーヒーと同種の豆をブレンド。当時の榕菴らが使用していた(コーヒーカン:コーヒーの煮出し器)を復元し館内のカフェで提供しています。
 同時にブレンドしたコーヒー豆を「榕菴珈琲」として発売しています。
 幕末の日本最先端の医療技術・知識を誇った津山の伝統を受け継ぎ、大正(1917)年に建てられた津山市を代表する洋風建築、城西浪漫館(国登録有形文化財・中島病院旧本館)の歴史とともに「榕菴珈琲」を味わっていただければ幸いです。も同じく津山藩医となり、薬学、植物学、化学などを学び多くの書を著しました。それに際し当時の日本語に存在しなかった学術用語を翻訳。
酸素、水素、元素、酸化、細胞、といった現代の日本人が慣れ親しんでいる単語は、榕菴が考えたものです。
 榕菴は、当時まだ一般の人が口にすることのほとんどなかったコーヒーに興味を持ちます。
文化13(1816)年に「こっひぃせつ」という、日本に初めてとなるコーヒーについての論文で産地や効用などを紹介したほか、コーヒーの当て字「珈琲」も榕菴が考えたもので、日本のコーヒーの歴史に津山の蘭学者が大きく関わりました。後に玄真と榕菴は、幕府の仕事で「家庭百科事典」(オランダ語版)の翻訳に携わり、コーヒーの項目を担当した玄真は、榕菴の考えとして「味は淡白、微甘」と当時のコーヒーの味を伝えています。
 城西浪漫館(中島病院旧本館)では、郷土津山が生んだ偉人・宇田川榕菴を顕彰するため、江戸時代にオランダを通じて日本に持ち込まれたコーヒーと同種の豆をブレンド。当時の榕菴らが使用していた(コーヒーカン:コーヒーの煮出し器)を復元し館内のカフェで提供しています。
 同時にブレンドしたコーヒー豆を「榕菴珈琲」として発売しています。
 幕末の日本最先端の医療技術・知識を誇った津山の伝統を受け継ぎ、大正(1917)年に建てられた津山市を代表する洋風建築、城西浪漫館(国登録有形文化財・中島病院旧本館)の歴史とともに「榕菴珈琲」を味わっていただければ幸いです。
2017.7.16[Sun]

奈義町現代美術館ギャラリー 芝山昌也展
津山市のきょうの天気は、曇り時々晴れ。最高気温33度、最低気温23度の予報になっています。
熱中症指数は厳重警戒!!炎天下は避け、お出かけの際は、帽子や日傘などをさし水分補給は、しっかりとなさってくださいね。

 さてきょうは、Nagi MOKA からのおしらせです。


             芝山昌也展―とおい近景

 石川県金沢市を拠点に活動する彫刻家・芝山昌也(1972〜)の岡山県内では初の個展を開催します。
芝山は、石を中心に様々な素材を用いながら、素材の神秘性を引き出すような彫刻を制作しています。
近年は日本各地の古い石仏群や、先人の痕跡が残る空間を訪ね、そこでの感性の震えについて考えながら作品制作に向き合っています。
単に日本美意識にテーマを求めるのではなく、土に貼り付いてきた先人たちの「痕跡」に触れようとするものです。
本展は日本の様々な文化に着目しながら、彫刻を通じてこの国の本質を探ろうとする意欲的な試みによる展覧会です。

■開催期間:2017年7月22日(土)〜9月10日(日)

■場  所:奈義町現代美術館ギャラリー

■開催時間:午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)

■休 館 日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開催)、祝日の翌日
      (8月12日(土)、8月14日(月)開催)

■入 館 料:一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上は無料)

※主催:奈義町現代美術館
    〒708-1323岡山県勝田郡奈義町豊沢441
    TEL.0868-36-5811 FAX.0868-36-5855
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
2017.7.15[Sat]

平成29年度美作大学公開講座
津山市のきょうの天気は、晴れ時々曇り。最高気温33度、最低気温23度の予報となっております。
熱中症指数は、厳重警戒ですので炎天下はさけ、水分補給はしっかりとしてくださいね。

 さてきょうは、平成29年度 美作大学公開講座「おいでんせぇ〜 哲学カフェへ」のおしらせです。
この講座は、美作大学と美作大学短期大学部が、地域・社会に開かれた大学を目指して、毎年、開催している講座で
どなたでも参加頂けます。
 今回の公開講座は、テーマに沿った基調提案を講師から聞いた後、カフェ形式(飲物、お菓子)で参加者がテーマに
関連するディスカッションを楽しめるスタイルとなっています。

     参加資格:一般市民の方ならどなたでも参加できます。
     定  員:30名(応募多数の場合は抽選することもあります。)
     受 講 料:無料
     会  場:美作大学(津山市北園町50)内 教室
     申込締切:8月6日(日)
     参  考:各講座のテーマに関する詳細は、ホーム ページでご覧頂けます
          〈美作大学HPのトップページから公開講座のボタンをクリック!〉
     後  援:津山市教育委員会


 1、日時 8月19日(土)内容 人間にとって言葉とは?
      10:00〜12:00


2、   8月26日(土)    人間は言葉で世界を捉える?
      10:00〜12:00    

 3、   9月9日(土)     言葉の解釈・鑑賞とは?
      10:00〜12:00

 4、   9月16日(土)    学校カリキュラムの意味は?
      10:00〜12:00     

 5、   9月30日(土)     組織はなぜ堕落するのか?
      10:00〜12:00    


 講師紹介:横川 智之(美作大学短期大学部 教授)
      
      担当「日本語リテラシー」「国語概論」「国語科教育法」

      著作「ダメなときには諦めろ」「日本語リテラシー」「どっこい」等あり



【お問い合わせ・申込先】〒708−8511津山市北園町50 美作大学 総務科内 公開講座係
            TEL:0868-22-7718 FAX:0868-23-6936
(2017.7.14[Fri])

10月21日から津山国際総合音楽祭
 きょう紹介するイベントは10月21日から11月26日まで開催の「第10回津山国際総合音楽祭」。

 津山文化センターや音楽文化ホール・ベルフォーレ津山、津山洋学資料館など市内各所で行われるこのイベントは、「未来に架ける人の輪・音の輪」をテーマに、音楽文化の振興を通した地域づくりの一環としてクラシックやジャズ、民謡、ベトナムの民俗音楽のほか市民参加のコンサートなど多彩なイベントが行われます。

 有料イベントについてはチケットを発売中。

 詳細については津山国際総合音楽祭委員会事務局(電話0868−24−7744)または、津山国際総合音楽祭ホームページ(http://tsuyama-ongakusai.jp/)から確認できます。
(2017.7.13[Thu])

津山郷土博物館の夏休み教室
津山市のきょうの天気は、曇りのち雨。最高気温30度、最低気温25度の予報になっています。

 さてきょうは、夏休み教室のごあんないです。

■津山郷土博物館の夏休み教室

 ※弥生土器をつくろう

  と き:土器作成=7月27日(木)午後1時〜4時、土器の野焼き=8月16日(水)午後1時〜4時

  対 象:小学5・6年生

  定 員:30人

  参加費:400円

  締 切:7月10日(月)


 ※勾玉をつくろう

  と き:8月8日(火)
      @午前9時30分〜11時30分
      A午後1時30分〜3時30分

  対 象:小学生以上

  定 員:各30人

  参加費:300円

  締 切:7月24日(月)

 ※トンボ玉をつくろう

  と き:8月9日(水)
      @午前9時30分〜11時
      A午後2時〜3時30分

  対 象:小学5・6年生

  定 員:各12名

  参加費:400円

  締 切:7月24日(月)

申込方法など、詳しくはお問い合わせください。
※津山郷土博物館TEL22-4567
(2017.7.12[Wed])

国登録有形文化財
 きょうの津山の天気はくもり。最高気温は32度、最低気温は24度の予報となっています。県内全域で雷注意報も出ており、11日昼過ぎから11日夜のはじめ頃まで急な強い雨や落雷に注意が必要です。
 
 さてきょうは、国登録有形文化財である当館、城西浪漫館のご案内です。当館は、大正6(1917)年建築の木造2階建ての建物で津山で最も古い病院建築です(延べ250u)。津山市の重要文化財である津山洋学資料館(津山市川崎)を手掛けた津山の名棟梁池田豊太郎氏の代表作の一つで、岡山県近代文化遺産、平成22(2010)年9月には国の有形登録文化財となりました。
 正面にドームを配し、屋根、窓の細かい装飾が特徴です。また、各部屋ごとに異なる材質の大理石を使った暖炉があります。

 その館内にあるSo's Cafe 。大正時代の趣が残る中で、ゆったりとくつろいでいただけるよう、家具にもこだわりました。楢の椅子は手作り品で、低カウンター席の3脚には座面に珍しい孔雀模様が出ています。テーブルは1年に1mmしか年輪が成長しない樹齢100年以上の北海道産の楢材を使用しています。

 貸しギャラリーもしており、趣のある空間での展示は利用者様に好評をいただいております。非営利目的なら1時間500円でご利用いただけます。(1日利用の場合、8時間で4000円)ご利用部屋数や営利目的、空調使用の場合は変わります。お気軽にご相談ください。
写真は、当館2階での展示の様子です。
(2017.7.11[Tue])

休館日のお知らせ
休館日(7月10日)です。

毎週月曜日は休館日です。
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となります)
(2017.7.10[Mon])

市立図書館
津山市のきょうの天気は、曇り時々雨。最高気温27度、最低気温23度の予報になっています。

 さてきょうは、図書館だよりのごあんないです。

 図書館活用講座

■親子で本の装備体験!!
 
 と  き:7月29日(土)午前10時30分〜正午
 と こ ろ:市立図書館
 対 象:市内小学4年〜6年生と保護者
 内 容:本の装備、本についての話など
 申込方法:電話または直接申し込む

■親子で図書館体験!!

 と き:7月30日(日)午前10時30分〜正午
と こ ろ:市立図書館
対 象:市内小学生と保護者
内 容:図書館の見学、図書館の活用の話など
 申込方法;電話または直接申し込む

 図書館で能力アップ!!

 図書館では、健康で生き生きとした生活を送る手助けをしています。

■脳を活性化する大人の音読会

 とき:7月11日(火)午後2時〜3時
 内容:季節にちなんだ物語や詩の朗読など
    ※奇数月の第2火曜日に開催します

■回想法キットの貸し出し

 回想法とは、思い出を語り合うことで脳の活性化や気持ちの安定を図る方法です。
 懐かしい物や本、写真などを回想法キットとして貸し出ししています。
 思い出語りをしてみてはいかがですか。

市立図書館(アルネ・津山4階)午前10時〜午後7時 TEL24-2919
2017.7.9[Sun]

ごんごまつり

きょうの津山市の天気はくもりのち雨。最高気温は29度、最低気温は23度の予報となっています。午前4時40分には雷注意報も県内全域で発表されており、8日昼前から8日夜遅くまでは急な強い雨や落雷に注意してください。
 週末ですが、なかなかすっきりした天候になりませんね。お出かけの際には、雨具の用意を忘れずにお出かけください。

 
 きょうは、第39回津山納涼ごんごまつり IN 吉井川大花火大会のご案内です。
  
    2017年 8月6日(日) 20時〜21時

 岡山県下最大級の約5000発の花火が津山の夜空を彩ります。この花火大会は、ごんごまつりのフィナーレを飾ります。会場周辺には約100の露店も並び、祭りの雰囲気を盛り上げます。
 まだ夏休みのご予定を立てていない方は、津山納涼ごんごまつり、吉井川大花火大会を予定にいれてみてはいかがでしょうか?
 当館、城西浪漫館は、8月5日、6日とも9時〜17時まで開館中(カフェは16時まで)です。花火鑑賞の前に美味しい珈琲、ひんやりスムージーはいかがですか?ぜひお立ち寄りください。スタッフ一同お待ちしております。

2017.7.8[Sat]

七夕・七夕の節句
津山市のきょうの天気は、曇りのち雨。最高気温29度、最低気温22度の予報になっています。

 さてきょうは、7月7日七夕の日です。
旧暦の7月15日の夜に戻ってくる先祖の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、
棚に機で織った衣服を備えることから「棚機(たなばた)」という言葉が生まれたといわれております。
 その後、仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって、7月7日に繰り上げられたとそうです。
これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結びつけられ、
天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座アルタイル)が
一年に一度の再会を許される日とされたと言われております。
(2017.7.7[Fri])

津山市立図書館が脳を活性化する音読会開催
 きょう紹介するイベントは津山市立図書館・視聴覚室で開催の「脳を活性化する大人の音読会」。

 名作の物語や詩、懐かしい昔話などを声に出して読む『音読』を行うことで、脳を活性化し鍛え上げる大人のための音読会。

 毎回、奇数月の第2火曜日に行われているイベントで、今回は7月11日、午後2時から開催されます。各回とも開催前日まで参加受付が行われていますが、定員が先着15人なので、参加を希望される場合はお急ぎください。次回は9月12日に開催されます。

 お問い合わせ、申し込みは津山市立図書館(電話0868−24−2919)まで。
(2017.7.6[Thu])

本願寺 特別拝観
津山市のきょうの天気は、雨後曇り。最高気温26度、最低気温22度の予報になっています。
朝から雨が降り続いていますので、十分にお気をつけてください。

 さてきょうは、本願寺特別拝観、初代津山藩森忠政公毎歳忌法要のご案内です。

■特別拝観

 平成29年7月2日(日)〜7日(金)
 午前10時〜午後4時(7日は午後のみ)
 ※期間中は、お抹茶とお菓子を用意しております。

■初代津山藩主 森忠政公 毎歳忌法要
 
 平成29年7月7日(金)
 午前10時〜本願寺本堂にて
 法要後特別講演を開催いたします。
 講師/津山郷土博物館 小島徹氏
 演題/「津山藩主 森家の終焉」(無料)
 ※どなたでもお参りできます
 森忠政公の守り本尊・千手観音像(高さ5寸5分)を特別に御開帳いたします。
(2017.7.5[Wed])

城西浪漫館建築100周年記念メニュー
津山市のきょうの天気は、雨のち曇りの予報になっています。津山市に雷、強風注意報、
岡山県では、強風や高波、急な強い雨、落雷に注意してください。


 さてきょうは、城西浪漫館建築100周年記念メニューのお知らせです。
建築100周年を記念しまして、3種類のメニューが登場致しました!!!

■100周年ハットケーキセット   500yen

浪漫館が建てられた大正時代、東京の百貨店の食堂で「ハットケーキ」の名称で提供されたのが
日本での始まりとされるホットケーキは、純粋ハチミツをかけてどうぞ。
優しい甘さのアイスクリームと、香りよく仕上げた珍しい珈琲の煮豆を添えてお得なセットにしました。

■チアシードドリンク(アップル・オレンジ) 510yen

ダイエット効果もあるとして今注目のスーパーフード「チアシード」をたっぷり入れたドリンク。
プチプチとした食感が楽しいチアシードは、オメガ3脂肪酸や食物繊維、鉄分を豊富に含んだ健康素材です。

■抹茶ミルク&珈琲煮豆のアイス添え 510yen

地元・津山で江戸時代に創業した「一文字臼井茂松園茶舗」の抹茶を使用した本格抹茶ミルクとひんやり
スイーツをセットにしました。
大黒花芸豆をコーヒーで煮た珍しい「珈琲煮豆」とバニラアイスで和洋折衷な味わいをお楽しみください。

※So's Cafe
津山市田町122番地
 営業時間・9:00〜16:00(LO15:50)
   
 スタッフ一同心よりお待ちしております。
(2017.7.4[Tue])

休館日のお知らせ
休館日(7月3日)です。

毎週月曜日は休館日です。
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となります)
(2017.7.3[Mon])

立原位貫木版画展
津山市のきょうの天気は、曇りのち晴れ。最高気温30度、最低気温23度の予報になっています。

 さてきょうは、立原位貫木版画展のお知らせです。
平成27年7月、惜しまれながらこの世を去った立原位貫。ジャズのサックス奏者として活動していた
立原は、25歳のとき、一枚の浮世絵に深い感銘を受け、江戸時代の生き生きとした色彩を現代に
よみがえらせました。
真の意味での浮世絵の復刻を成し遂げた唯一の画家といえます。また、オリジナルの創作版画では、
詩情あふれる世界を作り上げ、夢枕獏や江國香織などの著作挿画も手掛けたことでも知られています。
 本展では、没後三回忌を迎える節目の年として、津山市のM&Y記念館の充実した
立原位貫コレクションの中から、復刻浮世絵版画、オリジナル版画、挿画、版木などの資料100点余り
を展示し、江戸の浮世絵に学んだ立原が私たちに伝えたかった
「日本の木版画の美しさ」を改めて紹介します。

■開催期間:平成29年6月2日(金)〜7月17日(月・祝)

■開館時間:9時30分〜17時(入館は16時30分まで)

■休館日 :月曜(但し、7月17日(月・祝)は開館)

■観覧料 :一般600(500)円・大学生400(350)円
      中学生300(250)円・小学生200(150)円
※()内は15人以上の団体料金
お問合せ:新見美術館 〒718-0017岡山県新見市西方361TEL/FAX(0867)72-7851
2017.7.2[Sun]

山・海・川開き
 きょうから7月です。津山市の天気はくもり、最高気温は30度、最低気温は22度の予報となっています。このほか、岡山県全域で雷注意報の出ているようです。急な強い雨や落雷に注意してください。
 
 さて、きょう7月1日は登山シーズンの開始の山開き、夏の行楽期の始まりの川開き、海水浴の解禁日をさすことの多い海開きの日です。
 現在はスポーツとして一年中行なわれる登山ですが、昔の登山は信仰行事であり、霊山は夏の一定期間だけ登山が許されていました。その解禁日を山開きと呼びました。
 山に海に川。楽しめる季節となりました。

 
 城西浪漫館でも、夏限定の水出し珈琲をはじめました。じっくり抽出した美味しさをぜひ味わいにお越しください。
2017.7.1[Sat]

もどる
バックナンバーリスト
城西浪漫館

HOME